ヘラクレス♂140破損状態d

標本運送時の破損対策を実施します。

お客様へお送りした標本が大きく破損

標本の発送について、今まで壊れて到着したことが無く、注意をしないといけないと日頃思いながら、しっかりとした対策を実施することなく日々流され放置して来ました。

今回初めてお客様から到着後梱包を開くと大きく破損していたと連絡があり、破損した画像がメール添付して送らせて来ました。

お客様が飼育して死んだヘラクレスオオカブト♂130mm標本製作依頼を受け通常の平面型標本を作製した標本であり、代替品が無く対応の難しさを感じました。

また同じお客様から別購入でヘラクレスオオカブト♂140mmのレプリカジオラマ標本も同梱でお送りしましたが、この丈夫なレプリカ標本が壊れるとは信じがたい破損状態でした。


❏ 到着した標本の破損状況の説明

1.破損ヘラクレス130mm平面型標本

お客様からメールに画像を添付して送らせてきました。梱包の緩衝材の上からでも透けて見えていますが、ヘラクレスオオカブト♂130の平面型標本固定の虫ピンが外れて端の方へ移動しているのがわかります。

この状態では確実にフセツ取れや触覚取れが発生していると思います。

運送時に落下したなどが考えられ、大きな衝撃が無い限りこのような大きな破損は発送しないと予想されます。

2.破損 レプリカ ヘラクレス♂140mmジオラマ標本

標本製作依頼のお客様から、ヘラクレスオオカブト♂130mmの平面型標本と同梱で注文いただいた商品であり、運送時に同じように強い衝撃を受けて破損したとと思われます。

レプリカの樹脂で成形しているのでかなり丈夫な作りであるのにも関わらず足が全て根本から取れ常識では考えられない破損状態でした。

❏ 標本返品到着後の状態確認

ヘラクレス♂130破損状態a

1.ヘラクレス♂130mmの実際の破損内容

前足が左右フセツ取れの状態であり、中足が右ツメ取れと後ろ足フセツ取れでした。

更には触覚右の先端が取れていました。

破損状況は思った以上に多く、全て修復する必要があります。

お客様が大切に飼育して、死んだ個体を製作依頼受けて標本製作していますのでキレイに元通りにしなければなりません。

.

❏ 返品平面的標本の修復と固定方法

ヘラクレス♂130破損状態b

1.修復完了標本

修復全て完了して再度標本箱に固定しました。この時固定を口のブラシ部をコーティング剤を塗り白色マットに接着して強度を増す対策を実施しました。

ヘラクレス♂130破損状態c

2.修復拡大画像

今までは裏側の腹部に虫ピンを接着してマットに固定していましたが、やはり1ヶ所では弱く今回の事故では抜け落ちたようです。

ヘラクレス♂130破損状態d

3.出荷前固定方法

運送時の衝撃から標本を守るために紙テープを二重にしてまち針で中心である胸部を固定して、落下しても耐えられるように対策しました。

❏ レプリカ ジオラマ標本の固定方法

ヘラクレス♂140破損状態a

胸部を固定

胸部を紙テープをまち針で下方向へ固定することで強度が増します。

ヘラクレス♂140破損状態b

頭部を固定

発泡スチロールを頭部の高さにカットして運送時の振動で動かないように固定します。

ヘラクレス♂140破損状態c

腹部の固定

お尻のスペースに発泡スチロールを挟み込んで固定します。これにより3ヵ所固定になります。

❏ まとめ

今回の破損した二つの標本は東北地域へ発送したものです。

お客様がとても良い方で運送時の振動又は落下が原因であることを理解していただき、大きな問題にならず、助かりました。コロナ禍によるネット需要の増加 が背景があるようです。 想像の域ですが 、慣れていないアルバイトなど人員を増やしたことで荷物の仕分け時に落下が発生したとも考えられます。

今後、標本商品は全て運送時の衝撃対策を実施対応することで、その後は標本が破損することもなく、発送後に心配することのなくなりました。

今回の事で、気付いたことは、問題 は放置せず早目に対応することが大切であることを実感しました。

◎標本カテゴリページリンク

以下に標本に関するページを紹介します。興味のあるページありましたら是非、ご覧ください。

タマムシ飛翔標本a

タマムシ飛翔標本の製作依頼がありました。

タマムシの飛翔標本製作は難易度が高い!! ネットとお店のお客様からタマムシの飛翔標本の製作依頼があり、その時の製作内容についてまとめましたので、皆さんへご紹介します。 オオクワ京都昆虫館ではほぼ100%がクワガタとカブト […]

ヘラクレス♂140破損状態d

標本運送時の破損対策を実施します。

お客様へお送りした標本が大きく破損 標本の発送について、今まで壊れて到着したことが無く、注意をしないといけないと日頃思いながら、しっかりとした対策を実施することなく日々流され放置して来ました。 今回初めてお客様から到着後 […]

コメントなし
ジオラマ標本ロゴ

標本製作依頼令和2年度後期3月までの内容を紹介

お客様から標本製作依頼され、完成した標本画像一覧を掲載します。 ネットとお店のお客様からとオオクワ京都昆虫館へ多くの標本製作依頼があります。 完成した標本はお客様へ届きその感想など「お客様の声」⇒リンクとして紹介していま […]

ネプチューンオオカブト飛翔標本の作製依頼

ネプチューンオオカブト飛翔標本の製作依頼

大型カブトムシの飛翔標本は迫力があり、造形物のようにキレイで精密です。 当店の常連のお客様からネプチューンオオカブト♂144mm 羽化して休眠期間からようやくエサを食べ始めたところ ブリードすることも無く突然死んでしまっ […]

鈴虫とキリギリスのジオラマ標本

鈴虫のジオラマ標本の制作依頼がありました。

鈴虫やキリギリスなどにクワガタ、カブトムシを含めた大掛かりなジオラマ標本の制作依頼 長野県のお客様からジオラマ標本の制作依頼がありました。 お客様にとって大切に飼っていた家族同然のように癒してくれた虫たちです。 ミヤマク […]

ジオラマ標本コーカサスオオカブト♂105

標本製作依頼ネット受付について

知恵の経営報告書の内容を実施します。 お客様の多くから要望があります、大切に育てた思い出のクワガタ、カブトムシをキレイな標本として末永く残したい。 これについて当店は2019年3月に知恵の経営の認証企業となり、その報告者 […]

コクワガタオス標本

コクワガタ標本の製作依頼がありました。

愛情持って飼育したクワガタが死んでしまったら!! ネットのお客様から標本製作依頼がありました。 親子で大切に育てて死んでしまった、コクワガタの標本の製作依頼がありましたのでご紹介します。 目次 1. 愛情持って飼育したク […]

ジオラマ標本 戦いシリーズ

ミドルタイプのジオラマ標本製作依頼

お客さまから戦いシリーズのジオラマ標本製作依頼を受けました。 常連のお客様からコーカサスオオカブトとセアカフタマタクワガタの生体を購入いただきましたが 、死んでしまったので戦いのイメージでジオラマ標本を作って欲しいという […]

インセクトフェアin京都

インセクトフェアin京都 2019

昆虫標本購入のためインセクトフェアへ行ってきました。 8月25日 日曜日 午後10時から午後4時まで、カラスマプラザ21の8階にて開催されました。 大阪のインセクトフェアに行ったのが3月21日でしたので5ヶ月ぶりのインセ […]

ジオラマ標本 アンタエウス

ジオラマ標本教室を開催しました。

親子で楽しめるジオラマ標本作製教室を開催 ❏ 親子で標本作製を楽しんむ レプリカの精密昆虫フィギュアを使って、ジオラマ標本の作製教室をお店の常連親子のお客様に参加いただき開催しました。 子供さんに、たくさんあるレプリカ標 […]

○ 2017年10月24日 クワガタ、カブトムシ 標本を作る|素人のための標本修復 教室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

7 + 14 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください