令和4年春のインセクトi

昆虫標本購入のためインセクトフェアin大阪 2022へ行ってきました。

Home » お店のブログ » 昆虫標本購入のためインセクトフェアin大阪 2022へ行ってきました。

春のインセクトフェアへ行くのは、2年ぶりになります。

大阪で開催される標本即売会やインセクフェアはコロナ禍の中、中止になったり、コロナ蔓延のため行くのを止めたり、ようやく2年ぶりに行くことができました。

大阪の本町にある小原流会館で毎年12月、1月の2回は標本即売会は入場無料ですが、3月のインセクフェアは、一人500円の入場料金が必要になります。標本即売会もインセクフェアも会場も内容も何ら違いはないようです。


大阪へ行くのは、コロナが蔓延になる2019年12月15日以来です。前回行ったのが最近のように思えます、あれから2年も経っていると思うとコロナにより色んな行事が中止になり、大切な時間が無くなったこのはとても残念に思えました。

世界の昆虫標本即売会へ行ってきました2019/12/24⇒過去記事こちら

標本即売会やインセクトフェアは本町にある小原流会館の4階で毎回開催されています。

令和4年 春のインセクトフェアの会場へに10時15分ころ到着しました。

令和4年春のインセクト

1.蝶の標本を仕入れました。

今回の目的は、アフターコロナに向け昆虫イベントの準備が必要なることからクワガタやカブトムシなど甲虫以外で需要がある蝶の標本も今回仕入れます。

令和4年春のインセクトb

インセクトフェアの販売標本の半分以上が蝶の標本ですが国産の蝶でも珍しい綺麗な種類が多く展示していました。

令和4年春のインセクトc

外国産の蝶の標本もモルファ蝶に代表されるように光沢があり角度により色が変化する種類も多く展示してあり、購入するとなると迷いますね~


2.今では入手が難しい種類の標本

コロナ禍になり東南アジアなど天然採取のインドネシアやフィリピンのWILD便がここ2年間入荷しなくなりました。

その中でもコーカサスオオカブトの産地でマレーシア産は珍しく当店のお客様から購入したいという問い合わせが最近もありました。

令和4年春のインセクトd

標本もセットで購入した方が割引率が大きいようです。

令和4年春のインセクトe

約20年前の標本ですが、現在では入手が難しいマレーシア産のコーカサスオオカブトは大型で幅があり胸角の反り返りは大きく迫力があります。迷わず仕入れました。


3.その他の種類の標本も仕入れました。

クワガタやカブトムシ以外でお店で売れたのがバイオリンムシとモモフトハムシの仲間で今回も少数ですが仕入れました。

令和4年春のインセクトf

バイオリンムシ

令和4年春のインセクトg

モモフトハムシ


4.まとめ

2年間大阪市内への行くこともなく、今回インセクトフェアに行き目的の標本を仕入れることができました、現在幾つかのところから昆虫イベントの要望と依頼があり、アフターコロナに向け昆虫イベント先へ同じ時期に複数箇所来ても対応できるように標本製作を進めて行きます。

令和4年春のインセクトh

オオクワ 京都昆虫館 – 京都府向日市|昆虫専門店 (business.site)