ヒラタクワガタ♂67mma

思い出のクワガタをジオラマ標本に!!

Home » お店のブログ » 標本製作記事 » 思い出のクワガタをジオラマ標本に!!

大型ヒラタクワガタをジオラマ標本にしました

お店のお客様からジオラマ標本の製作依頼がありました。

繁忙期の夏も終わり少し時間が取れましたので早速作製に取り掛かりました。

お客さんが昨年に小学生の息子さんと一緒に採取した大型♂67mmのヒラタクワガタです。

片方の大アゴの先端が欠けた歴戦の勇者のようです。

2ヶ月前に死んで保管状態がとても良い標本です。

思い出深いクワガタのようですので、生きていた時の一瞬をジオラマ標本で再現して部屋に飾っていただいています。

[outline]


ヒラタクワガタ♂67mmc

❏自然の雰囲気を醸し出すように

「今にも動き出すかのようなリアル感」製作しました。

ヒラタクワガタ♂67mmd

加工前の状態です、前足と中足の符節が欠損しています。

ヒラタクワガタ♂67mme

生きている時の汚れが付着しているので丁寧に取り去ります。

ヒラタクワガタ♂67mmf

流木の上に標本を乗せ固定する位置を決めます。

足に軟化剤を塗ります。

流木にバイスで穴を開ける

固定する流木に1mm径のドリルで穴を開けます。

ヒラタクワガタ♂67mmg

標本のお尻の腹部に穴を開け虫ピンに水性ボンドを塗り流木に差込ます。

ヒラタクワガタ♂67mmh

標本左側の三本の足の爪部を水性ボンドでバランスよく固定します。

標本の右側の欠損の足を別の標本の足を水性ボンドで取付ます。

ヒラタクワガタ♂67mmb

右側も同じように足が踏ん張っているようにします。

ネブトクワガタ♂26大歯型

ヒラタクワガタと一緒に採取した大歯型ネブトクワガタも固定しました。

ネブトクワガタ♂26大歯型b

♂26mmのネブトクワガタですが大歯型だとかっこいいですね~

❏まとめ

今回は、親子がクワガタを介して触れ合い、クワガタの飼育する中で共通の楽しみを見つけ、クワガタとの思い出を残して置きたいというお客様の思いをジオラマ標本にして末永く鑑賞できるように製作しました。

親子には大変喜んでいただき、ジオラマ標本を製作した介がありました。

これからも思い出のクワガタ、カブトムシを展示できるお手伝いが出来ることを進めて行きたいと思います。


◎標本カテゴリページリンク

以下に標本に関するページを紹介します。興味のあるページありましたら是非、ご覧ください。

オオクワガタイラスト

オオクワ京都昆虫館が製作したジオラマ標本について感謝のメッセージをいただきました。

お客様が愛情もって飼育され死んでしまった、オオクワガタ♀の標本製作依頼から完成して発送到着までのやり取りを対話方式で紹介します。
お客様がオオクワガタメスに名前を付けて愛玩ペットとして、大切に飼育していました。
死んでしまって悲しく生前の思い出を残したく当店へ標本製作依頼をされました。

コノハムシ

昨年に引き続きインセクトフェアin大阪 2023へ行ってきました。

昨年に引き続き大阪で開催されるインセクフェアin大阪へ急遽行くことになりました。
今年はコロナも終息に向かっていることもあり、春から夏に掛けて昆虫イベントの問い合わせや依頼が各所から来ています。そこで、昆虫イベント展示用に貸し出す(レンタル)昆虫標本の数も大幅に不足することが決定的なので、不足分を補う必要があります。
そのため完成した出来上がりの昆虫標本を仕入れることを目的に今回インセクトフェアに行き仕入れることになりました。

DHヘラクレスオオカブト♂147.3mmパターンG-6

完成した標本を送るさいの当店の対応内容など判りやすく動画で説明しています。

お客様からパターンGの平面標本の製作依頼があり、完成したのでお送りしましたところ梱包を開けるところから当店の注意書きなど細かく紹介していただきました。

これから標本製作依頼される皆さんに当店の取り組みあ判りやすく参考になりますので、当店ブログに掲載することになりました

ヘラクレスオオカブト♂158mm,♀72mmペアのジオラマ標本d

重度に破損したお客様の大切なヘラクレスオオカブトの標本修復ついて

お客様が大切に最後まで飼育して死んでしまった珍しブルー個体、ヘラクレスオオカブト♂158mm,♀72mmのペアについてパターンDのジオラマ標本の製作依頼がありました。

届いた状態はとても悪く、かなり重度に破損して細かく分断しており、修復はジグソーパズルのようで難しく、元通りにするのは不可能と思いましたが、何とか全ての修復は完了しました。

ミンダナオアトラス♂96mmx

当店のお客様が希望する標本製作依頼について標本製作の流れについてステップ毎に紹介します。

お客様の標本製作に関する専門的な技術内容やお客様の質問や疑問に対して丁寧に対応しています。
それによりお客様も安心して標本製作依頼をすることが出来ます。

今回紹介する内容は、事例としてこれから標本製作依頼をするレベルの高い標本を希望する皆さんの参考になれば幸いです。

標本製作依からの流れを時系列に内容を紹介します。

タマムシ飛翔標本a

タマムシ飛翔標本の難易度が高い!!製作依頼がありました。

今回2回目のタマムシの飛翔標本製作依頼 ネットとお店のお客様からタマムシの飛翔標 […]

ヘラクレス♂140破損状態d

運送時に絶対破損しないための標本を固定した対策を実施します。

お客様へお送りした標本が大きく破損 標本の発送について、今まで壊れて到着したこと […]

ジオラマ標本ロゴ

標本製作依頼令和2年度後期3月までの内容を紹介します。

お客様から標本製作依頼され、完成した標本画像一覧を掲載します。 ネットとお店のお […]

ネプチューンオオカブト飛翔標本の作製依頼

大型のネプチューンオオカブト飛翔標本の製作依頼がありました。

大型カブトムシの飛翔標本は迫力があり、造形物のようにキレイで精密です。 当店の常 […]

鈴虫とキリギリスのジオラマ標本

今まで製作したことが無かった、鈴虫のジオラマ標本の制作依頼がありました。

鈴虫やキリギリスなどにクワガタ、カブトムシを含めた大掛かりなジオラマ標本の制作依 […]

○ 2017年10月24日 クワガタ、カブトムシ 標本を作る|素人のための標本修復 教室