ヒラタクワガタ♂67mma

思い出のクワガタをジオラマ標本に!!

HOME > お店のブログ > 標本製作記事 > 思い出のクワガタをジオラマ標本に!!

大型ヒラタクワガタをジオラマ標本にしました

お店のお客様からジオラマ標本の製作依頼がありました。

繁忙期の夏も終わり少し時間が取れましたので早速作製に取り掛かりました。

お客さんが昨年に小学生の息子さんと一緒に採取した大型♂67mmのヒラタクワガタです。

片方の大アゴの先端が欠けた歴戦の勇者のようです。

2ヶ月前に死んで保管状態がとても良い標本です。

思い出深いクワガタのようですので、生きていた時の一瞬をジオラマ標本で再現して部屋に飾っていただいています。

ヒラタクワガタ♂67mmc

❏自然の雰囲気を醸し出すように

「今にも動き出すかのようなリアル感」製作しました。

ヒラタクワガタ♂67mmd

加工前の状態です、前足と中足の符節が欠損しています。

ヒラタクワガタ♂67mme

生きている時の汚れが付着しているので丁寧に取り去ります。

ヒラタクワガタ♂67mmf

流木の上に標本を乗せ固定する位置を決めます。

足に軟化剤を塗ります。

流木にバイスで穴を開ける

固定する流木に1mm径のドリルで穴を開けます。

ヒラタクワガタ♂67mmg

標本のお尻の腹部に穴を開け虫ピンに水性ボンドを塗り流木に差込ます。

ヒラタクワガタ♂67mmh

標本左側の三本の足の爪部を水性ボンドでバランスよく固定します。

標本の右側の欠損の足を別の標本の足を水性ボンドで取付ます。

ヒラタクワガタ♂67mmb

右側も同じように足が踏ん張っているようにします。

ネブトクワガタ♂26大歯型

ヒラタクワガタと一緒に採取した大歯型ネブトクワガタも固定しました。

ネブトクワガタ♂26大歯型b

♂26mmのネブトクワガタですが大歯型だとかっこいいですね~

❏まとめ

今回は、親子がクワガタを介して触れ合い、クワガタの飼育する中で共通の楽しみを見つけ、クワガタとの思い出を残して置きたいというお客様の思いをジオラマ標本にして末永く鑑賞できるように製作しました。

親子には大変喜んでいただき、ジオラマ標本を製作した介がありました。

これからも思い出のクワガタ、カブトムシを展示できるお手伝いが出来ることを進めて行きたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

17 − thirteen =