標本の乾燥に有効活用

HOME > お知らせ(最新情報) > 昆虫標本製作 > 標本の乾燥に有効活用

ジオラマ標本の乾燥に布団乾燥機を使ってみました。

雨の多い季節になると標本を軟化させるとなかなか乾燥せず困ってしまいます。
そこで布団乾燥機を活用して、短時間に乾燥し硬化するか試して見ました。まだまだ問題は色々と出てくると思いますが、そこは使いながら試行錯誤しながら改善して行たいと思います。

水槽の底に乾燥剤を入れる

水槽の底に乾燥剤を入れる

ガラスの水槽にジオラマ標本を入れる。

ガラスの水槽にジオラマ標本を入れる。

□ガラスの水槽の底に強力乾燥剤を入れ、軟化させ整形したジオラマ標本を入れて行きます。
まだ柔らかいので型崩れしないよう慎重に順番に入れて行きます。

水槽に入れたジオラマ標本

水槽に入れたジオラマ標本

□天気のいい日は自然乾燥で半日ほどで硬化しますが、やはり梅雨の季節はなかなか乾燥しませんね!
短時間で乾燥すれば、標本作製のスピードが飛躍的改善され大量に製作することが出来ます。
□この水槽であれば6個の標本が1段目に入ります、台を作って2段にすると12個まで入ります。
ガラスの水槽は4個ありますのでキレイに拭き上げて使うための準備をしました。

ノズル用の穴

ノズル用の穴

ノズルの装着

ノズルの装着

□水槽の蓋にノズル用の穴を開けて、ノズルを隙間なく入れます。ノズルはこのままズレないように固定しておきます。

布団乾燥機を稼動

布団乾燥機を稼動

□布団乾燥機の設定を熱い(赤表示)20分にしてスイッチをONします。
そのとき中で温風が回流するように右側の蓋を隙間が開けるようにします。
これで温風が外に出て行くので水槽の中全体が温められ乾燥します、3mm程度ズラしています。

蓋を取り替える

蓋を取り替える

ジオラマ標本の乾燥後の硬化を確認

ジオラマ標本の乾燥後の硬化を確認

□蓋を穴が開いてないものに取替え、30分ほど標本の温度が下がり硬化するよう自然に冷やします。
その後、ジオラマ標本を取り出し、指で押さえて動かないか確認しましたが十分乾燥して硬化しているのを確認出来ました。

□まとめ
標本作製のさい乾燥に時間が掛かり、完成まで長いときでは1週間ほど掛かっていましたが、この方法だと乾燥までの時間が短く、特に梅雨の季節にはとてもありがたく、有効活用できそうです。また乾燥剤も常に乾いた状態ですので、強力に乾燥してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 − one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください