ジオラマ標本 戦いシリーズ

ミドルタイプのジオラマ標本製作依頼

HOME > お知らせ(最新情報) > 昆虫標本製作 > ミドルタイプのジオラマ標本製作依頼

お客さまから戦いシリーズのジオラマ標本製作依頼を受けました。

常連のお客様からコーカサスオオカブトとセアカフタマタクワガタの生体を購入いただきましたが、死んでしまったので戦いのイメージでジオラマ標本を作って欲しいという依頼があり製作しました。その製作の様子をご紹介いたします。

ジオラマ標本はミドルタイプケース(幅 210mm 奥行150mm 高さ165mm)を使い戦いの場面を再現して行きます。

1.ジオラマ標本製作準備

■ 死んだ後の保管状態により下記①~③の場合標本製作が難しくなります。
①腐ってしまい、バラバラ状態または壊れやすい状態。
②寄生ハエのウジが湧いてた状態。
③標本を食する害虫が寄生している状態。

製作依頼を受けた加工前標本コーカサスオオカブトとセアカフタマタクワガタのペアは大変保管状態が良くこれだと短時間に加工製作が可能です。

コーカサスオオカブトは前足が1ヶ所取れています。

ジオラマ標本にするセアカフタマタクワガタのペア

セアカフタマタクワガタのペアメスの後ろ足が1ヶ所欠損しています。

2.ジオラマ標本作製開始

■ 大きなコーカスオオカブトから製作加工を始めます。

コーカサスオオカブトの汚れを取り去ります。

生きているときの汚れが付着していますので、全てキレイに取り去ります。

コーカサスオオカブトに軟化剤を塗り足が動くようにします。

乾燥してカチカチに固まったコーカサスオオカブトに軟化剤を塗り6本の足が自由に動くようにします。

コーカサスオオカブトを固定するヶ所に穴を空ける

流木にコーカサスオオカブトを固定する位置決めをして、ドリルで穴を空けます。

コーカサスオオカブトを流木に固定します。

金属ピンを使いコーカサスオオカブトを流木に固定します。取れていた足も修復し、中足と後ろ足を4ヶ所固定します。

■ ジオラマ標本を作る上で大切なことはミドルタイプケースに流木を置き標本を置いた時のレイアウトを決定することです。自然の雰囲気を醸し出すことを考えて製作を進めます。

セアカフタマタを流木に置き位置決めする

戦いのイメージを考えて、軟化させたセアカフタマタを流木に置き位置決めします。

セアカフタマタを流木に固定します。

位置決め後、金属ピンで体を固定して6本の足を流木に固定して行きます。

ジオラマ標本の裏側

ジオラマ標本を反対の裏側から見ても固定・レイアウトが不自然さなど問題ないように製作します。

セアカフタマタのメスを固定します。

セアカフタマタのメスを固定します。そのさい欠損している足が見えないように奥側に配置します。

3.最後の仕上げ

■ ジオラマ標本は展示したり、自分の机にディスプレイしたり、きれいに末永く飾るのも楽しみのひとつです。そのための最後の仕上げについて説明します。

乾燥剤を入れ標本を乾燥させ劣化を防ぐ

名前プレートに乾燥剤を付け標本を常に乾燥させることで劣化を防ぐことができます。更に酢酸エチルをお尻から注入して逆さまにて標本全体に浸透させ害虫を駆除します。

標本の名前プレートを付ける。

ジオラマ標本の中身が判るように標本の名前プレートを付けます。

4.まとめ

■ 大切に飼育した思い出のクワガタを生き生きとジオラマ標本にすることで「今にも動き出すが如く」再生することができます。今回、加工前の標本の状態がとても良く、大事にしていたことがよくわかります。依頼されたお客様も出来上がりに満足いただき大変よろこんでいただけました。まだヘラクレスやゾウカブトなど飼育されているようですが、死んだらキレイに標本加工して欲しいというお話がありました。
状態の悪い加工前標本でも修正しながらキレイに標本加工することも可能ですが、やはり製作に時間が掛かるのでどうしても制作費が高くなっていまいます。ですので死んだら即テッシュペーパーに隙間無く包んで、乾燥剤を入れた容器で1ヶ月ほど乾燥させれば保存状態が良く短時間で製作が可能になります。
今回は加工前の標本の状態がとても良く約3時間ほどで完成させることが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください