ホワイトアイのカブトムシa

ホワイトアイのカブトムシ

ホワイトアイのカブトムシの紹介です。

先月羽化して1ヶ月ほど経過しましたが元気にしています、パールホワイトに近いキレイな色をしています。

ホワイトアイのカブトムシb
体も赤カブトになる個体が多いようです。

ホワイトアイのカブトムシc
サイズも大きく立派な角のカブトムシです。

ホワイトアイのカブトムシd

ピンクアイのカブトムシとホワイトアイのカブトムシを一緒に撮影しました。

ホワイトアイのカブトムシe
昨年死んだホワイトアイを標本(飛翔)にしました。

ホワイトアイのカブトムシf
ジオラマ標本することで生き生きと蘇ります。

ホワイトアイのカブトムシg

死んで直ぐにティッシュペーパーで包んで乾燥保存するとホワイトアイの目も生きている時に近い状態を維持することが出来ます。

●動画でご覧ください。

【まとめ】
ホワイトアイもカブトムシは黒目のカブトムシよりデリケートで弱い傾向にありますが個別にケースに入れ飼育するとストレスも無く1ヶ月以上生きます。
また死んでも標本にすることで今にも動き出すが如く生き生きとジオラマ標本の中で蘇れせることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − 7 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください