本物のクワガタ標本 | ジオラマ風標本作製教室①

HOME > お知らせ(最新情報) > 昆虫標本製作 > 本物のクワガタ標本 | ジオラマ風標本作製教室①

グランディスオオクワガタ標本作製のご紹介

グランディスオオクワガタ オス82mm

お店を始める前から親しくして頂いている宇治市のお客様からジオラマ風標本の製作依頼がありました。
グランディスオオクワガタ ラオス シェンクアン産 オスサイズ82mm です。
当初、グランディスはラオスのみ生息している事になっていましたが、その後インドやミャンマーでも発見されました、現在はラオス産は入手困難になっています。
ラオス産の特徴は、胸部が直線台形になっていて、他の産地(胸部は丸みある形)とは大きく異なります、私もこの特徴ある形が好きです。
死んで10年以上は経過していると思いますが、とても保存状態が良く、生きているように、今にも動き出すが如く 製作するには持ってこいの標本素材です。

グランディスオオクワガタ オス82mm左側

グランディスオオクワガタ オス82mm左側

グランディスオオクワガタ オス82mm左側

グランディスオオクワガタ オス82mm右側

グランディスオオクワガタ標本作製の流れ

グランディスオオクワガタ2

標本は脆いので壊れないように胸部と腹部を持つようにする。

グランディスオオクワガタ3

まずは大きなゴミ(マットや木くず)を針を使って一つ一つ取り除く。

グランディスオオクワガタ4

まず頭部と胸部の細かいゴミはブラシで取り除く。

グランディスオオクワガタ5

次に腹部と各足のゴミをブラシで取り除く。

グランディスオオクワガタ6

全体に軟化剤を塗り、各部所が動くようになるよう準備する。

グランディスオオクワガタ7

木に固定するヶ所(見えにくい腹部)に0.6mmドリルで穴を空ける。

グランディスオオクワガタ8

瞬間接着剤で針を差し込み固定する。

グランディスオオクワガタ9

標本固定の足場として用意した木に電動ドリルで1mmの穴を空ける。

グランディスオオクワガタ10

木に固定用の針を標本と一緒に差し込んで足の固定位置を確認する。

グランディスオオクワガタ11

針を差し込みエポキシ樹脂を塗り木と標本を接着固定する。

グランディスオオクワガタ12

軟化した各足の敷節の上をピンセットでつまみ、木の固定する予定位置まで持って行く。

グランディスオオクワガタ13

同じように前足をピンセットで引っ張り固定位置まで持って行く。

グランディスオオクワガタ14

確実な三点止めを行うため紫外線で4秒で硬化する接着剤を木に塗り後ろ足をその位置まで持ってくる。

グランディスオオクワガタ15

紫外線を照射して硬化させ固定する。

グランディスオオクワガタ17

接着固定した。

グランディスオオクワガタ18

確実の固定しているのを細い治具を使い軽く当て動かないことを確認する。

グランディスオオクワガタ19

グランディスオオクワガタのジオラマ風標本が完成。

グランディスオオクワガタ21

緑の芝に葉を付け、ミニケースにフタを付けるとミニミニの自然世界の出来上がり。

□まとめ
これを切っ掛けに各種ヒラタクワガタを中心に本物の標本を使ってジオラマ風標本をたくさん作製しました、カートにUPしましたのでご興味のある方はご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + sixteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください