鈴虫とキリギリスのジオラマ標本

鈴虫のジオラマ標本の制作依頼がありました。

鈴虫やキリギリスなどにクワガタ、カブトムシを含めた大掛かりなジオラマ標本の制作依頼

長野県のお客様からジオラマ標本の制作依頼がありました。

お客様にとって大切に飼っていた家族同然のように癒してくれた虫たちです。

ミヤマクワオス2、メス1、カブトメス1、キリギリス1、スズムシ4匹、わざわざ当店まで足を運んで持ってきていただきました。

今まで外骨格の柔らかい、バッタ系の鈴虫やキリギリスのジオラマ標本の制作は初めて経験です。

早速ジオラマ標本の制作に取り掛かりました。


❏ ミヤマクワガタ3匹をジオラマ標本に!

ミヤマクワガタオスは大型でサイズが74mmもあります。

しかし後ろ足が欠損していたので、当店で保管していたバラバラの70mmオスから移植しました。

足を移植したことにより、五体満足な元気に見えるミヤマクワガタになったようです。

ミヤマクワガタをジオラマ標本①

ミヤマオス2匹とメス1匹を流木に固定しました。

ミヤマクワガタをジオラマ標本②

ミヤマ3匹のバランスを考慮した配置にしました。


❏ カブトムシメス1匹をジオラマ標本に!

カブトムシのメスは上羽はキズだらけでしたがフセツの取れなどなく。

しっかりとしていて、加工しやすい標本でした。

イメージ的には木と地面の間に潜んでいたカブトムシのメスがエサを求めち上がって来る様子を再現しました。

傷だらけカブトムシメスをジオラマ標本①

芝の地面と流木の下部にカブトムシメスを配置

傷だらけカブトムシメスをジオラマ標本②

カブトムシメスは足を順番に繰り出すイメージです。


❏ バラバラのキリギリスは加工が大変でした!

今回のジオラマ標本作製で大変だったのがほぼバラバラの脆いキリギリスの修復してジオラマ標本作製することでした。

キリギリスの足を1つ1つを標本用コーティング剤で固めながら作業を進めました。

キリギリスはバラバラを修復①

キリギリスは欠損部分が多くありました。

キリギリスはバラバラを修復②

キリギリスの足や触覚を修復しました。


❏ 鈴虫は柔らかくジオラマ標本に不向きです!

今回の投稿のタイトルにある、鈴虫のジオラマ標本への加工は思った以上に難しく、大変でした。

とても脆いということが最大の難点であり、4匹の内、オス1、メス3を慎重にジオラマ標本へ加工しました。

小さいので指で取ることも出来ないので全て精密ピンセット使いました。

固定は標本用コーティング剤が全ての固定に欠かせないほど重宝しました。

鈴虫をジオラマ標本にしました①

鈴虫は木の隠れ家に潜んでいるイメージで作製してます。

❏ バラバラのキリギリスは加工が大変でした!②

鈴虫を2匹づつ2か所へ配置しています。


❏ 賑やかなジオラマ標本が完成しました!

合計9匹が一つのミドルタイプの標本展示用ケースに納まりました。

夏の一時を再現できて私も制作するのが楽しく作業出来ました。

鈴虫やキリギリスが今にも鳴き出しそうな雰囲気を醸し出すことが出来て製作者としても満足です。

にぎやかなジオラマ標本が完成②

ラベルを貼り、ジオラマ標本の完成です。

にぎやかなジオラマ標本が完成①

お盆過ぎた頃の夏の一時が再現されました。


 

❏ お客様からの感謝のメッセージ

素晴らしいジオラマ標本、ありがとうございます。

家族同様に癒してくれた子どもたちを、残すことができて良かったです。

一夏の家族たちが蘇りました。


❏ まとめ

今年はネットからの標本製作依頼をを受付ていますが、色んな出会いがありました。

親子で育てたクワガタ、カブトムシの思い出を標本に残したい方。

貴重な種類や大型サイズの外国産クワガタ、カブトムシを記念に標本にして残したい方。

一つ一つ物語がありますね~

○ 2020年3月1日 コクワガタ標本の製作依頼がありました

○ 2019年10月7日 ミドルタイプのジオラマ標本製作依頼

○ 2019年8月27日 ジオラマ標本教室を開催しました

○ 2018年6月17日 本物の標本をジオラマ標本へ作製教室

○ 2018年9月13日 思い出のクワガタをジオラマ標本に

○ 2017年10月24日 クワガタ、カブトムシ 標本を作る|素人のための標本修復 教室