大アゴの形状変異について


ミヤマクワガタの大アゴの形状変異について 同じ種類でも平均気温の低い北海道や本州の高地ではエゾ型が多いです。


平地など一般的な地域はフジ型が多いです。

どちらも オス69mm 京都府井手町産 天然採取個体です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + 9 =