ミヤマクワガタの大アゴの個体変異。

ミヤマクワガタは平地に多いフジ型と高地や寒い地域に多いエゾ型の大アゴの形状があります。
880

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください